第15回全日本パズル選手権・決勝大会報告レポート3


※ 写真をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

■ MINI-GALLERY 3 ■
1 2 3 4
さぁ、今年の全日本パズル選手権を制するのは誰なのでしょうか?
日本代表選手4名として、世界パズル選手権に挑むことになるのは誰なのでしょうか?
ドキドキの授賞パーティーが始まります。
杉本幸生先生の乾杯の音頭で始まる授賞パーティー。思う存分、飲んで食べて参加者やパズル作家の先生方と交流してくださいね。
パーティーの食事はビュッフェ形式。壇上では、なにやら色々と催しがなされているようですが、やはり参加者の皆さんは料理に夢中のようです。
パーティーはジャケット着用の正装スタイル。みなさん思い思いに着飾っていらっしゃいます。やはり女性の参加者が多いと華があっていいですね。今年は参加者の4割くらいが女性でした。来年こそは5割くらい女性の方に参加してほしい、というのが西尾先生と某スタッフの本音だったりしますが・・・どうなるでしょうか。
大会後に行われるパーティーの良いところの1つが、普段誌面上でしか出会えないパズル作家の先生と直接お話ができること。両手に花でご満悦なのは、北野ひぐま先生です。
世の中はSUDOKU(=ナンプレ)ブーム。ということで、今年はナンプレ早解き対決がパーティーの余興で実施されました。まずは参加者の中から4名が対決。一番早かった人が西尾先生と対決します。でも、あれれ? 世界SUDOKU選手権4位の実力者が完敗です。 どうやらこの時、西尾先生の頭の中では他にも考えることがいっぱいあったようで・・・。
BACK
NEXT