第16回全日本パズル選手権・決勝大会報告レポート1

2007年8月4日(土)、東京・ロイヤルパークホテルに、日本全国から集まった97名の選手たち。今年も熱い戦いが繰り広げられました。その模様を編集部Hがリポートします。 もっと詳しく知りたい方は小社の各パズル雑誌もチェックしてくださいね。


※ 写真をクリックすると、拡大画像を見ることができます。

■ MINI-GALLERY 1 ■
→1 2 3
開場30分前の会場。これから始まる激闘を静かに待っているようです。今年はどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。
受付開始。続々と厳しい予選を勝ち抜いた選手たちが会場入りします。ピカチュウのお面をつけて入場したのは前回優勝の條 秀彰さん。まるでお祭りですね。そう、今日は年に一度のパズルのお祭りなのです。一日存分に楽しんでください!
大会委員長の西尾徹也先生。今回も質の高い問題が目白押しでした。
これが今回の全5ラウンドの問題。見た目の鮮やかさとは裏腹に、今回の問題も曲者ぞろいだったようです。
いよいよ開幕。100名近くの参加者たちの静かなる闘志に会場全体が包まれました。我らが竹間編集長も会場の異様な緊張感に圧倒され、緊張気味の挨拶となりました。
ラウンドスタート! 静かな会場に、一斉に問題用紙をめくる音が響き渡ります。
解きます。
解きます。
みんな解きます。
←BACK
NEXT